日本伝統国技、柔道と剣道を知ろう!

柔道について

剣道について

スポーツしよう!

がんの種類を問わず、QОLを維持しながら、従来の三大治療を補完する数々の成果が近年続々と発表され、がんに拘る関係者の大きな希望となっています。がん 免疫療法で治療してみませんか?
でもこの日立 アパートって名前、どうにかならないのかな 。あれっ、この日立 不動産って何だろう?しかも日立ってどこだ?聞いたことないけど、大学からそう遠くないし、おまけに家賃もそんなに高くない 。

剣道 試合①

試合形式

剣道の試合形式だが、全日本連盟の場合を例として紹介していく。

試合は1対1で行ない、選手は試合場に入り2歩進んで礼をし、3歩進んで蹲踞した後、審判員の『始め』の声がかかってから立ち上がり、勝敗が決するか規定の試合時間が

経つまでお互いに技を出し合っていく。原則として三本勝負となっているが、時には一本勝負も認められている。

団体戦でもこの試合形式が変わることはない。

試合場

板張りの床に境界を含め1辺9mないし11mの正方形、または長方形の試合場を作り、試合をしていく。境界は普通は、白ラインテープを張って分けられており、また試合開示の立ち位置は試合場中心付近に白のラインテープで示される。

国技を嗜みたい人必見!

試合時間

試合時間は小学生2分・中学生3分・高校生以上4分、延長戦の場合には3分は基準となっている。また運営上の理由などからこれ以外の試合時間を採用することも認められており、公式大会の決勝戦では2007年から試合時間が10分に変更されている。

試合中の有効となる技はそれぞれ特定の場所を狙って打つことになる。防具で指定されているところ以外を打っても技としては入っていないということになる。

有効とする技は以下の通りとなっている。

技一覧表
技の詳細 技名 特記事項
小手を打つ技 小手打ち、引き小手打ち、出小手
面を打つ技 面打ち、引き面打ち、小手面打ち
面の喉当てを突く技 突き 小中学生は原則禁止。高校生以上でも、この技を禁止とする大会もある。
胴の胸当てを突く技 胸突き 以前は相手が上段の構えを取っている時のみ一本になった。後、相手が二刀流の場合のみ認められていた。
胴の右側を打つ技 胴打ち、引き胴打ち、抜き胴
胴の左側を打つ技 逆胴打ち

これに、技を出す直前までの流れから「相(あい)〜」「抜き〜」「返し〜」「払い〜」「すり上げ〜」「引き〜」などの接頭辞が付く場合もある。

 

これに、技を出す直前までの流れから「相(あい)~」「抜き~」「返し~」「払い~」「すり上げ~」「引き~」などの接頭辞が付く場合もある。

有効打突

有効打突とは『充実した気勢、適正な姿勢をもって、竹刀の打突部(弦の反対側の物打ちを中心とした刃部)で打突部位を刃筋正しく打突し、残心あるもの』と指定している。審判員はこれに該当しているかどうかを判断して旗を挙げる。

反則

剣道において、一試合中に2回反則行為を起こした場合、相手に無条件に一本を与えることになる。

以下のようなことが反則行為として一般的である。

  • 相手に足を掛けまたは払う。
  • 相手を不当に場外に出す。
  • 試合中に場外に出る。
  • 自己の竹刀を落とす。
  • 不当な中止要請をする。
  • 相手に手をかけまたは抱え込む。
  • 相手の竹刀を握るまたは自分の竹刀の刃部を握る。
  • 相手の竹刀を抱える。
  • 相手の肩に故意に竹刀をかける。
  • 倒れたとき、相手の攻撃に対応することなく、うつ伏せなどになる。
  • 故意に時間の空費をする。
  • 不当な鍔(つば)迫り合いおよび打突をする。

審判員

剣道においての審判員は三名の審判員となっている。一人が主審で、もう二人が副審となり、それぞれが紅白の旗を持って、どちらの技が有効だったかの意思表示のために利用する。2名以上が有効打突の表示をした場合、また1名の審判員が有効打突を表示し2名が判定の棄権を表示した場合は、その場で一本となる。

また主審はとある場合、または『止め』の宣告と同時に紅白両方の旗を平行に挙げることで、試合を中断させることもできる。

中断する事例とは以下のような場合である。

  • 反則の事実
  • 負傷や事故
  • 危険防止
  • 竹刀操作不能の状態
  • 異議の申し立て
  • 合議
  • 試合者から中断の要請があった場合(この場合、主審は要請の理由を質し、不当な要請の場合は審判の合議の上、反則となることもある)

試合の中断に関しては副審から申し出ることも可能となっており、その際に副審が『止め』の宣告後に、直ちに主審が『止め』の宣告をして試合を中断することになる

鍔迫り合いが膠着した場合など、『分かれ』の宣告と同時に両旗を前方に出し、両者を分けて、その場で『始め』の宣告と同時に量旗を降ろし、試合を継続する。

勝敗

勝敗は試合時間内に三本勝負の場合は二本制するか、一本勝負の場合は一本先取した選手の勝利としている。三本勝負において一方が一本を取り、そのままで試合時間が終了した場合にはその選手の勝ちとなる。勝敗が決さなかった場合には延長戦を行い先に一本を先取した方が勝ちとなる。延長の代わりに判定、または抽選によって勝敗を決することもあるが、この場合は引き分けとなる例もある。判定、及び抽選の場合には勝者に一本が与えられる。

団体戦における代表戦も原則一本勝負となっている。

二刀流

青年の部において二刀流を使用することは明確な禁止事項はないが、実際に二刀流で試合を行なっている人は少ない。昭和初期の頃は学生の間で試合に勝つためだけに、団体戦において二刀流の選手の防御を一辺倒の引き分け要員とする手段が横行するという事態が発生する。このため一部の学生大会では二刀を禁止するようになる。

太平洋戦争後、剣道が全日本剣道連盟の下に復活した際も、学生剣道界では戦前に倣って二刀を禁止したため、二刀を学ぶ者が非常に少なくなった。

ところがこの禁止事態が伝統を断絶する恐れもあるとした声が上がり、1992年に大学剣道では解禁となる。現状においては高体連・中体連の公式試合・昇段審査においてはいまだに禁止されており、小学生・中学生の申し合わせ事項で片手技は有効としないとされているのもあり、高校生以下では事実上禁止されている。

二刀流の竹刀は大刀と小刀を用いることになり、それぞれの長さと重さが決められており、男性の場合は尺7寸以下・小刀は2尺以下としている。長い間二刀流が否定されていたため、また上記の通り竹刀も短いこともあり、かつては二刀流の相手に対しては胸突きも認められていたというハンデキャップもあったため、指導者・使用者自体が少ない。

柔道最新情報